ゲンちゃん音楽を奏でる

ゲンちゃん成長記は、ダウン症のゲンちゃんの成長を見守る成長日記です。

本日2024年7月18日に関東地方も梅雨明け宣言が出されました。
梅雨の間なのに気温が35度以上の日があったりなど、これからくる夏本番に戦々恐々としております。
あまりにも暑いと、夜でもアスファルトから熱気が発しているのが感じれたりするんですよね。
暑さ耐性が極端に弱い中卒お父ちゃんとしては、試練の季節であります。

そんな季節ではありますが、ゲンちゃんは寝るときにスリーパーを着用しております。
ダウンちゃんは基本的に体温調整が苦手で、「体が冷えること」を防がなければならないのであります。
因みにスリーパーとは、着る毛布みたいなやつであります。
赤ちゃんは寝がえりとかで毛布をはいでしまうので、ボタンやチャックなどで着せることで冷え防止となるのであります。

相変わらず赤ちゃん扱いのゲンちゃんですが、遊びの幅はぐんぐんと伸びております。
少し前まではとりあえず物を横にぶん投げていましたが、ボールを穴に入れようとしてみたり、ティッシュをびりびりに破いたりと動きのバリエーションが増えております。
そして今回、音楽を奏でるまで成長したのであります。

え?ただ叩いてるだけじゃないかですって?
いやいやいや、すごいんですよ!だって、バチで叩いたんですよ?今まではこのバチがはるか彼方(この動画ならば、ゲンちゃんの右やや後ろ方向)に吹っ飛んでいってただけなんですよ!
何と最後には中卒お父ちゃんに渡してきているではありませんか!ほら、すごいでしょ!
例え無限ティッシュをされたって感動してしまうというものであります。いや、あれはめんどくさいからやめてくれ。
最近はつかまり立ちもかなりスムーズになって、これからの成長も楽しみなのであります。

それでは、ダウンちゃんの特徴でもある体の柔らかさを披露するゲンちゃんでお別れです。
何だか鋭い眼光ですが、その先には大好きなワンワンワンダーランドが映されています。
どうぞご安心くださいませ。

ダウン症児育児ランキング
ダウン症児育児ランキング

中卒でもわかる名目GDPと実質GDP

中卒お父ちゃんの情報源は主にラジオ等の音声コンテンツだったりします。
移動中とかイヤホンで聞けるので、時間を有効活用できるのではとか思っていたりします。

ただそうすると、どうしても中卒ではよくわからない単語だったりがかなり出てくるのです。
で、まずはよく耳にするGDPなるものについてご説明したいと思います。はい。記憶に定着させるためのブログ記事ですね。これ。

GDPとはGross Domestic Productの略語であります。それぞれ、

Gross=「全体の」とか「総体の」みたいな意味
Domestic=「国内の」とか「家庭内の」みたいな意味
Product=「工業生産物」とか「製品」みたいな意味。「結果」や「成果」という意味もある

で、「国内総生産」と呼ばれております。
もちろん中卒にそんな言い方しても理解できないので、「お国の中で作った全体の成果」みたいな感じでとらえてみます。
実際には、「一定期間に国内に産み出された付加価値の合計」とのことです。

ゲンちゃんのシリアルを作っている工場(もちろん架空)を例にして考えます。
シリアルを売った金額から中間投入額 (原材料、光熱燃料、間接費等) を引いた金額がGDPとなります。
このGDPが拡大すれば経済成長率がプラスになると考えるようです(一部例外あり)。
ここまではまぁ分かる。うん。ただ、このGDPなるものに「名目GDP」と「実質GDP」というものがあるのです。

まず名目GDPですが、GDPをその時の市場価格で評価したものだそうです。
中卒的に言えば、「特に変な計算もしないで、その時の使った金額をそのまま出している」となります。

では、実質GDPは何かというと、名目GDPから物価の変動による影響を差し引いたものとのことです。
中卒的に言えば、「ある時を基準にして、そのものが高くなっていたらその時の基準の値段に直して計算する」となります。

これだけだとよく分からんので、先程のシリアル工場に再登場していただきます。
ゲンちゃんのシリアル一袋を300円として、1年間の間に1万袋作ってすべて売ったとします。
すると名目GDP、実質GDPともに300万円となります。
次の年に、シリアル工場は調子に乗って一袋360円に値上げをします。
さらにゲンちゃんの胃袋の巨大化によって1年間で1万2千袋売れたとします。
すると名目GDPは432万円となります。
ところが実質GDPは価格の変動を差し引くので次のような式になります。

(一袋360円をもとの300円にするよ)×1万2千=360万円

実質GDPは360万円となるのであります。
経済成長を見たい場合は、物価の影響を少なくした実質GDPを使うことが多いようです。

とまぁこんな感じに自分の勉強も兼ねたブログをちょくちょく更新しようかと思っております。
どうか間違った箇所があれば、ガンガン突っ込みを入れていただけると嬉しい限りであります。

ゲンちゃん手づかみ食べの兆候を見せる

ゲンちゃん成長記は、ダウン症のゲンちゃんの成長を見守る成長日記です。

赤ちゃんの成長の中で、食事に関することはかなり重要な面と言えるのではないでしょうか。
健常児だとしても、好き嫌いをしたり、ボロボロとこぼしたりと食事を与えるご両親へのストレスはかなりの物だったりします。
「勝手に一人で食べてくれる」というところまで成長することを願う日々が続くことになります。

もちろん、現状2歳2か月のゲンちゃんは一人で食事なんてできるわけがありません。
週末に大量に作ったおかゆとブレンダーでドロドロにしたタンパク質関係、中卒お父ちゃんの妻が用意してくれた冷凍した野菜類をひたすらゲンちゃんのお口にデリバリーします。
ただ、ゲンちゃんは食べることに関しては若干IQが高くなる傾向があるようです。
以前「ゲンちゃん指差しをマスターする」でお伝えしましたが、大好きなシリアルやデザート類に対しては、明確に指差しをしたりします。
「うーうー」と訴えながらデザートのバナナを指さされたら・・・そりゃあげちゃいますよね。

そして今回、手づかみ食べをマスターしたのであります!
それではその時の様子をどうぞ!

がっつり4本の指もくわえている姿は悶絶ものであります!
なかなかいい成長っぷりではないでしょうか?

とはいえ、題名に「兆候を見せる」と入れたのには理由がありまして、まだまだ発展途上だったりします。
動画では2回連続で成功していますが、最初の持たせ方が悪かったりすると普通に落としてしまいます。
最近はやりませんが、シリアルを口ではなく鼻に押し付けたりしてました。あれはあれでかわいかったから、動画に残せなかったのは心残りであります。

ただ、かなり大きな一歩を踏み出したのには間違いありません。
何もしなくても勝手に食べてくる日が来るのも、遠い未来ではないはずであります!

ダウン症児育児ランキング
ダウン症児育児ランキング